むくみ

女性に多い症状として、むくみがあり足がむくんだり顔がむくんだりむくむ場所は様々です。

むくみの原因は、過剰な水分摂取であると思いがちですが、本当の原因は血流の滞留がむくみの原因となります。

血液は老廃物の排出と栄養や酸素を体の隅々まで送る役割をしており、血流が滞るとその代謝活動が落ちて体がむくみます。

マッサージなどもむくみの解消には有効ですがあくまでも一時的な解消で、根本的な解決にはなりません。

むくみを根本的に解消するには、根本的な原因である血流の滞留を防ぎ流れが良くなるようにしなければなりません。

血流は、ストレスや腸内環境が悪化する事で悪くなります。

人間には、呼吸や栄養の吸収、排便など生命維持を司る自律神経がありますが、ストレスが溜まると自律神経の働きが低下して、血流も悪くなりむくみやすくなります。

ストレスを解消するには、セロトニンと言うホルモンが有効でこのホルモンは幸せホルモンとも呼ばれ、人間をリラックスさせ幸せな気持ちにさせます。

実はこのホルモンは、脳にも存在しますがほとんどが腸に存在しているため腸内環境が悪化するとセロトニンにも影響が出ます。

腸内環境の悪化の原因は、腸にダメージを与えている有害物質を体内で生成する悪玉菌なのでこの悪玉菌を減らす事が腸内環境の改善につながります。

悪玉菌を減らすには、善玉菌を増やす事が大切ですが、腸まで生きて届く善玉菌でないと意味がありません。

ですので、善玉菌を選ぶ場合は、胃酸に負けない善玉菌を選ぶようにしましょう。

乳酸菌サプリ