アレルギー

鼻をつまんでいる女性

日本では、4人に1人が何らかのアレルギーであるとされます。

日常困ったと思っている症状の原因が、実はアレルギーであることがしばしばです。

症状が重篤出ない場合は、ほとんどの人がその症状に慣れてしまい、我慢していることが多いのではないでしょうか。

アレルギーによっては原因がわかり対策する事で症状が軽減する事がありますので、アレルギーの原因から解説していきます。

アレルギーの原因

人間には本来外部から侵入する外敵や異物を排除する仕組みがあり、それを免疫と言います。

簡単に説明するとすれば、アレルギーは免疫反応が過剰になっている状態を指します。

免疫反応が起こると外敵を認識しますがそれを抗原と言いアレルゲンとも言います。

この抗原=アレルゲンを攻撃するために免疫は抗体と呼ばれる物質を生産しますが、これが様々な症状を起こす事となります。

アレルギーが発症する時のアレルゲンは、無害な物質であることが多くその無害なものに対して過剰な反応を生じさせます。

アレルギーの時に生産される抗体をIgE抗体と言い、アレルゲンは血液中のIgE抗体と結合します。

この結合が起きると体内の脂肪細胞はヒスタミンという炎症性物質を放出し、外敵を排除しようと血流に乗り全身に運ばれます。

このヒスタミンは、体の各部に到着すると炎症を引き起こしたり、部位によって鼻水、眼の痒み、涙眼、息切れ、肌の乾燥となりこれらがアレルギーの症状になるのです。

このアレルギーを起こす原因は本来ならば体を守る働きをする、Th1とTh2という免疫細胞のバランスが崩れることが原因だとされます。

Th1型は、外部から侵入するウイルスに感染した細胞を破壊する働きをし、この反応を細胞性免疫といい、結果として起こる炎症を肉芽腫性炎症といいます。

Th2型は、侵入した細菌などうを攻撃する抗体を作り、この抗体は、補体や好中球による細菌の破壊を促します。

このような反応を体液性免疫といい抗体の作用により、好中球の細菌を貪食する反応が促進され、炎症を化膿性炎症といいます。

Th1型とTh2型が互いに拮抗しておりTh2型の反応が過剰になると、生成されたIgEにより、花粉症、じんましん、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などのⅠ型アレルギーが起こります。

アレルギーを抑える方法

腸内には人体に有益な乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌と呼ばれる細菌が存在し、この善玉菌が腸内で生産する乳酸や酢酸、酪酸がこのTh1型とTh2型のバランスをとることからアレルギーの抑制効果が注目を集めています。

これらの有機酸は腸内で生産されることが必要なため、腸まで届く強い善玉菌、例えば有胞子乳酸菌、植物性乳酸菌、ビフィズス菌などを選ぶと良いでしょう。

乳酸菌サプリ

関連記事

花粉症

乳酸菌が花粉症に良いということはテレビなどでご存知の方も多いと思います。 ただ、どのような理由で良いのか?そのようなメカニズムで乳酸菌が効果を発揮するのか?を正確に知っている人はあまり多くはないのかもしれません。 そこで […]

アトピー

目次1 アトピーとは2 原因はバリア機能異常と免疫の過剰反応3 乳酸菌の免疫調整機能 アトピーとは アトピー性皮膚炎は、皮膚にかゆみのある湿疹ができる症状で良くなったり悪くなったりを繰り返します。 アトピーによる湿疹は赤 […]