花粉症

花粉症の女性

乳酸菌が花粉症に良いということはテレビなどでご存知の方も多いと思います。

ただ、どのような理由で良いのか?そのようなメカニズムで乳酸菌が効果を発揮するのか?を正確に知っている人はあまり多くはないのかもしれません。

そこで、順を追ってどのようなプロセスで花粉症が抑えられるのかを解説していきたいと思います。

花粉症とは?

花粉症はアレルギー反応の一種で、原因物質であるアレルゲンが花粉で目や鼻に症状が出るものを指します。

人間には外部から侵入する異物や病原体を排除する仕組みがありそれを免疫と呼びます。

免疫は無害なものと有害なものを選別し、有害なものが入るとそれを排除しようと活動をしますが、その排除しようとする活動こそがアレルギーの症状なのです。

アレルギーの症状が皮膚に出るとアトピーになり、目や鼻に出るのが花粉症になるのです。

つまり、花粉症とは通常であれば無害なはずの花粉に対して過剰に反応した免疫による症状なのです。

どのように乳酸菌が機能するのか?

花粉症を引き起こすのは免疫機能の誤作動ですが、これは免疫細胞であるTh1とTh2のバランスが崩れたことによりこの過剰反応が引き起こされます。

乳酸菌はオリゴ糖や食物繊維をエネルギーとして摂取し代謝をする時に代謝物として有機酸と呼ばれるものを産生します。

この有機酸は、乳酸や酢酸などで通常口からこれら有機酸を摂取すると途中で吸収されて腸まで届きませんが、腸内で乳酸菌が産生した有機酸は、腸内を酸性にして酸性の環境が苦手な悪玉菌を減らしたり、免疫細胞であるTh1やTh2のバランスを改善することから、乳酸菌を摂取する事で花粉症が低減するのです。

しかし、腸内で生きた乳酸菌が産生するものなので、生きて腸まで届く乳酸菌を選ぶことが大切です。

乳酸菌サプリ