下剤・便秘薬の副作用

薬

下剤・便秘薬の副作用

下剤には市販薬から処方薬まで、また成分や効き目などにより種類があります。

下剤には著しい効果がある反面、副作用も強いので定期的に用いるのではなく緊急避難的に一時的に用いるようにするのが推奨されています。

下剤の作用は大きく分けると、便に水分を含むようにし、膨張した柔らかい便をスムーズに排出させることを目的にしたタイプであるマグネシウム製剤、糖類下剤と腸に強い刺激を与えて腸を無理やりに動かし、便を体外に排出するタイプのものがあり、このタイプの下剤は刺激性下剤と呼ばれ成分にはセンノシド、センナ、ダイオウ、アロエなどがあります。

下剤は便を排出するのには適していますが、反面便秘を悪化させたり副作用や依存症など負に働く面も有ります。

下剤の中で最も種類があり市販薬としてもよく売られているのが刺激性下剤で、腸に刺激を与えてぜん動運動を誘発させ便を無理に排出させる効果があります。

この種の下剤は、腸の動きが弱く自力で排便ができない時には効果的ですが、繰り返し使用する事で刺激に慣れてしまい効き目が落ち量を増やさないと同じ効果が得られなくなるリスクがあります。

このような状況になると使用する薬はどんどん増えて精神的にも薬に依存して下剤が無いと排便でき無い身体になってしまいます。

この悪循環を放置すると便秘を解消するために使った便秘薬で更に便秘を悪化させてしまう悪循環に陥ってしまいます。

下剤がおすすめできない組み合わせ

便秘の種類により下剤の使用を控えた方が良いとされる組み合わせがあり、けいれん性便秘と直腸性便秘の時は下剤はおすすめできません。

けいれん性便秘の時に注意しなければならないのは、けいれん性便秘は自律神経の乱れで過敏になっている腸が痙攣して便秘と下痢を繰り返すなどするので、刺激性の高い下剤を摂取すると腸は余計に活発になり症状が悪化する可能性があるのです。

悪化すると更に下痢がひどくなったり便秘が重くなる可能性があるので下剤の使用は再考した方が良いかもしれません。

直腸性便秘の時に注意しなければならない理由は、この種の便秘は肛門に近い直腸に原因があって起こる便秘なので効果は直腸まで及ばず下剤により無理やり送り出された便が直腸付近で大量に詰まる可能性があります。

全ての便秘に効く下剤は存在しないので、原因を把握して効果的に使用する事が大切です。

便秘薬の使用

便秘の症状は辛く、悩んでいる人にとっては便秘薬や下剤は悩みを一瞬で解消してくれる便利なものです。

便秘薬の使用は滞留している便を指す事があくまでも一時的なものでしかなく、結果は副作用や依存症に悩む危険性をはらんでいます。

便秘の原因の多くは、生活習慣の乱れ、ストレス、食生活の偏りなどであり、それらを改善しなければ根本的な解決にはなりません。

一時的に使用することはあっても長期的には原因を解決し自分の力で排便できるようにすることが最終的には目指すことが大切です。

乳酸菌サプリ