過敏性腸症候群(IBS)

お腹が痛い

過敏性腸症候群(IBS)は、かなりの多くの人が患っている疾患です。

この病気の発症は腸が機能的に悪循環に陥った場合や消化管の粘膜が炎症した場合、遺伝的な神経機能による炎症が原因となっているとされます。

IBS患者の大腸粘膜と免疫の関係性がおおくの研究者に指摘されており、IBSの粘膜炎症と神経伝達物質の関係は腸内細菌の異常が考えられています。

医学的な定義では、腹痛、腹部不快感が12ヶ月の中の連続とは限らない12週間以上を占め、その腹痛あるいは腹部不快感が、排便によって軽快する、排便頻度の変化で始まる、便性状の変化で始まる、の3つの便通異常の2つ以上の症状を伴うものと定義されています。

また、1週間に3回未満の排便回数、硬便、兎糞状便、もしくは排便困難で定義づけられる便秘、1日に3回より多い排便回数、軟便/水様便、もしくは下痢、残便感、粘液の排出、腹部膨満感、腹部膨満、腹部膨隆、であるとされます。

過敏性腸症候群患者は、ストレスで腹痛になったり便秘と下痢を繰り返したり、心身症のような症状を見せます。

消化器疾患で多い疾患はこの過敏性腸症候群で人口の10-15%、1年間の罹患率は1-2%と推定されます。

ある研究では、プロバイオティクスの摂取で改善すると考えられる結果も出ているようです。

IBS研究では、早い段階から腸内細菌のバランスが乱れた時に感染性腸炎に罹患しIBSが発症することは知られていたようです。

IBSの粘膜炎症、サイトカインと神経伝達物質の関係は不明なことが多いとされますが粘膜炎症持続の要因として、腸内細菌の異常が想定されています。

IBSに対してプロバイオティクスは有効か?

従来のIBSの治療では、プロバイオティクスのは補助的に考えられていましたが、最近ではプロバイオティクスが重要視されているようです。

研究によりプロバイオティクスの摂取で改善すると考えられるますが菌種により異なるとするのが一般的です。

乳酸菌サプリ