腸内環境

腸内

毎日私たちが食べたものをせっせと消化し、栄養を吸収してくれる腸。その腸内の環境が悪いと私たちの健康を害し、一気に老化が早まってしまいます。

理想の腸内環境を作るためには、乳酸菌は欠かせません。

腸内フローラってなに?

最近「腸内フローラ」という言葉をよく耳にするようになりました。この腸内フローラとは一体何なのでしょう。

私たちの腸内には約400種類、100兆個、重さにすればなんと1kgに近い腸内細菌が住み着いています。

そして腸内細菌は同じ種類の菌が一つのかたまりとなり、腸の壁面を覆うようにして生息しています。

このかたまりを腸内フローラと呼びます。

腸内フローラの種類

この腸内フローラは大きく分けて3種類あります。

乳酸菌やビフィズス菌など体にとって良い働きをする善玉菌から構成される腸内フローラ、そしてブドウ球菌やウェルシュ菌など有害物質を出すなど体に悪い影響を与える悪玉菌から構成される腸内フローラ、そして大腸菌など普段はどっちつかずで私たちが体調を崩した時に悪玉菌となる日和見菌から構成される腸内フローラです。健

康な人の腸内は善玉菌:悪玉菌:日和見菌のバランスが2:1:7となっています。

年齢と共に変化するバランス

私たちは母親の胎内にいる時には、無菌状態で過ごします。出産と同時に一斉に大腸菌などの細菌が体内に入り込んできますが、赤ちゃんは母乳を飲むことで善玉菌の代表格でもあるビフィズス菌で腸内が覆われます。

母乳を飲み続けると、だいたい4日前後で腸内の環境が整うとされています。

その環境が変わるのは離乳食を始めた時です。食べ物と共に色々な細菌も体内に入ってきます。

そして善玉菌と悪玉菌の腸内合戦が始まるのです。

年齢を重ねるにつれて消化機能が低下してくると、腸内に食べ物や便が長く留まっているため悪玉菌が増えてきます。

成人でビフィズス菌含有率は10~20%ですが、高齢者になるとその値が0になる人もいます。

そのため年齢を重ねていくと共に、善玉菌を増やすような食事内容を意識をしなければいけません。

たとえ年齢が若くても腸内環境が悪ければ、肌や髪が荒れ、太りやすい体質になるなど見た目が老けて見える傾向にあります。

まとめ

腸内フローラの状態は食事のバランスとストレスに大きく左右されます。

年齢を重ねるにつれ腸内からが善玉菌が減ってきます。それを補い、若々しく健康でいるためには正しい食生活を送ることが必要です。

乳酸菌サプリ

関連記事

善玉菌と悪玉菌

「体を健康に保つためには腸内環境を整えることが大切だ」と言うことはみなさんご存知ですよね。 それは腸が私たちの健康を左右する場所でもあるからです。 そしてその腸内環境の良し悪しを決めるのが、善玉菌と悪玉菌です。 目次1 […]

プロバイオティクスと腸内フローラ

様々な研究により腸内では細菌群により住みわけができており、健康・病気と腸内菌に関する事が明らかになってきた。 細菌は長い間人間に対して有害な作用しか与えてないととらえられ抗生物質が細菌に対するアプローチであったが、近年で […]