便秘

便秘の女性

便通は毎日あるのが理想ですが、2~3日なかったり、残便感があったり便が硬くて量も少なくい時は便秘と考えて良いでしょう。

便が出ないだけではなく、腹痛、腹部膨満感、食欲不振など付随する症状も有ります。

排便の仕組み

口から入った食物は胃で分解され小腸で消化された食物は、水分を含む液状となり大腸まで到達すると、水分が吸収されて固形化した後肛門から排出されます。

便秘などで大腸で便が滞留すると水分吸収が余分になされ便は硬くなり、大腸に存在する有害菌が便を更に腐敗させてしまいます。

腸は、自律神経でコントロールされており、内容物を先へ先へと送るのはぜん動運動と呼ばれ胃に食物が入ると結腸反射により開始されます。

便が直腸に達すると脳に信号が送られますがこの信号により便意をもよおします。

ストレスにより自律神経に影響が出ると腸のぜん動運動のも影響を与え便秘になる場合も有ります。

便秘の種類と原因

便秘の原因により種類が分類され、機能性便秘と器質性便秘に大別され、機能性便秘には3種類あります。

機能性便秘

弛緩性便秘

弛緩性便秘の原因は、大腸の運動が低下することでなる便秘で頻度が高く、女性や高齢者に多いのが特徴です。

腸の機能が低下する事で、便を送り出すぜん動運動よわまることで、大腸内に便が滞留することで便から水分が余分に吸収されて硬くなり余計に便が出なくなるタイプの便秘です。

便が出ない上に、残便感、食欲低下、肩こり、肌荒れ、おなかが張ったりイライラするなどの症状があります。

運動不足や水分が足りていない、腹筋力の低下や極端なダイエットがきっかけでなる便秘です。

けいれん性便秘

けいれん性便秘は、ストレスにより自律神経が過敏になり腸の運動が異常をきたす便秘で、便秘と下痢を繰り返す場合も有ります。

腸の運動が上手く機能せず便が運ばれずに、ウサギのフンのようなコロコロとした便になるのがこの便秘です。

便が出ない以外にも食後の下腹部痛、残便感などの症状があります。

精神的ストレスなどがきっかけでなる便秘です。

直腸性便秘

直腸性便秘は、直腸に便が滞留する事で便意が麻痺してしまう便秘です。

便が直腸に達しても排便反射が起こらず、直腸に便がたまってしまう便秘です。

高齢者や排便を我慢する習慣がある人に多く、便意を我慢している内に便意が起こらなくなる便秘です。

器質性便秘

先天的な異常や病気が腸にあり、例えばイレウス、大腸がん、腸管癒着などの器質的な原因があって、消化管(小腸・大腸)に通過障害が起こる便秘です。

便が出ない他、症状として血便、激しい腹痛、嘔吐などがあります。

女性に便秘が多い理由

日本人は女性の半数以上が便秘を経験し、男性に比べ、女性が便秘になりやすい傾向にあります。

女性は男性に比べ、腹筋が弱いため、大腸が便を送り出す力が弱いことがあります。

または、女性はライフサイクルによりホルモンバランスに変化があり、黄体ホルモンが月経の前や妊娠初期には便秘になりやすいとされます。

黄体ホルモンは、水分や塩分をためこみ、大腸の腸壁から便の水分が吸収されて便が硬くなります。

ダイエットにより食事量を減らすことは食物繊維や水分などが減り、内容物がたまらないことで便意が起こらず便秘になってしまう場合があります。

便秘解消法

女性

便秘の解消には、生活習慣や食生活の改善による方法から運動や排便の習慣づけ、ストレスの発散などによる方法があります。

薬剤で強制的に排出する方法まで各種ありますが、こちらは副作用もあるので注意しなければなりません。

では、具体的にどのような生活習慣の改善が便秘解消に役立つのか解説していきたいと思います。

スムーズな便の排出には、善玉菌優位の腸内環境と便を送り出す腸のぜん動運動が鍵になりそれらを如何に活性化させるかが重要になります。

腸を元気にする

腸内環境を向上させる栄養を摂取する

善玉菌に分類される乳酸菌やビフィズス菌とそれら善玉菌を増やすオリゴ糖などを摂取すると腸の活動を活性化させる有機酸が産生され便秘改善が期待できます。

腸の結腸反射を促す

食べ物が胃に入ると結腸反射により腸が動き出しますので朝昼晩3食をしっかりとり、特に朝食を抜かないことが大切です。

また、寝起きの一杯の水も腸の運動を刺激するのでおすすめです。

食物繊維は水分を含みゲル状になりながら移動し腸のぜん動運動を高め、便を排出させるので食物繊維を多く含む食品を十分にとるようにしましょう。

便の質を高める

水分が不足すると便が硬くなって腸内の移動に支障が出ます。

水分を含んだ便は、便の容積が増して腸に刺激を与え、便意を起こしてくれるので、水分を十分にとりましょう。

ダイエット時に脂肪分を減らしすぎると、便の滑りが悪くなってしまいますので適度なバランスで食事をしましょう。

適度な運動

運動不足は、体力や筋力の低下し弛緩性便秘の場合、腹筋が弱まると、腸の緊張が低下してぜん動運動も弱まります。

便を押し出すときに腹筋の力が必要なので、腹筋などの運動は効果があります。

腹筋運動は腹部の血行を促進して胃腸のはたらきを高め、自律神経にも作用して排便を促します。

ウォーキング、水泳、ジョギング、ヨガなどの全身運動も、腹筋を鍛え、日本人に多い弛緩性便秘を改善します。

あおむけになり、人さし指から薬指までの4本指で、おへその周りを時計回りに、大腸の形に沿って「の」の字を描くように約30回ゆっくり軽くマッサージします。

トイレへ行く習慣をつける

朝食後に必ずトイレに行くが大切で、もっとも便が出やすい時間です。

朝食をしっかり食べた後にトイレに行く習慣をつけましょう。

便意が起こっているのに排便を我慢することをくり返していると、直腸における排便反射が弱くなり便意を感じなくなるので、トイレの我慢は避けましょう。

ストレスの解消

胃、小腸、大腸などの消化管は自律神経にコントロールされているため、強いストレスを受けると、運動が弱くなり、胃酸や腸液の分泌も悪くなって、便秘になります。

便秘を解消するためにゆっくり休養をとり、自分なりのストレスを解消方法を見つけましょう。

下剤・便秘薬の種類

便秘治療に使われる下剤は、作用メカニズムによって主に4種類に分けられます。

塩類下剤: 腸管内に水分をよびこむことで腸のぜん動運動を促進させる

膨潤性下剤: 薬剤自体が腸管内の水分を吸収して膨張し、大腸に刺激を与えてぜん動運動を促進させる

浸潤性下剤: 便を軟便化させ、排便を促す

刺激性下剤:腸管神経叢に直接作用、ぜん動運動を亢進させる

同じ下剤を長期間連用すると、精神的な依存や腸の筋力低下などから、習慣性になったり、効きにくくなったりすることもあります。

乳酸菌サプリ