腸内環境「細菌バランスが与える様々な影響」

腸内

毎日私たちが食べたものをせっせと消化し、栄養を吸収してくれる腸。その腸内の環境が悪いと私たちの健康を害し、一気に老化が早まってしまいます。

理想の腸内環境を作るためには、乳酸菌は欠かせません。

腸内フローラってなに?

最近「腸内フローラ」という言葉をよく耳にするようになりました。この腸内フローラとは一体何なのでしょう。

私たちの腸内には約400種類、100兆個、重さにすればなんと1kgに近い腸内細菌が住み着いています。

そして腸内細菌は同じ種類の菌が一つのかたまりとなり、腸の壁面を覆うようにして生息しています。

このかたまりを腸内フローラと呼びます。

腸内フローラの種類

この腸内フローラは大きく分けて3種類あります。

乳酸菌やビフィズス菌など体にとって良い働きをする善玉菌から構成される腸内フローラ、そしてブドウ球菌やウェルシュ菌など有害物質を出すなど体に悪い影響を与える悪玉菌から構成される腸内フローラ、そして大腸菌など普段はどっちつかずで私たちが体調を崩した時に悪玉菌となる日和見菌から構成される腸内フローラです。健

康な人の腸内は善玉菌:悪玉菌:日和見菌のバランスが2:1:7となっています。

年齢と共に変化するバランス

私たちは母親の胎内にいる時には、無菌状態で過ごします。出産と同時に一斉に大腸菌などの細菌が体内に入り込んできますが、赤ちゃんは母乳を飲むことで善玉菌の代表格でもあるビフィズス菌で腸内が覆われます。

母乳を飲み続けると、だいたい4日前後で腸内の環境が整うとされています。

その環境が変わるのは離乳食を始めた時です。食べ物と共に色々な細菌も体内に入ってきます。

そして善玉菌と悪玉菌の腸内合戦が始まるのです。

年齢を重ねるにつれて消化機能が低下してくると、腸内に食べ物や便が長く留まっているため悪玉菌が増えてきます。

成人でビフィズス菌含有率は10~20%ですが、高齢者になるとその値が0になる人もいます。

そのため年齢を重ねていくと共に、善玉菌を増やすような食事内容を意識をしなければいけません。

たとえ年齢が若くても腸内環境が悪ければ、肌や髪が荒れ、太りやすい体質になるなど見た目が老けて見える傾向にあります。

腸内フローラの状態は食事のバランスとストレスに大きく左右されます。

年齢を重ねるにつれ腸内からが善玉菌が減ってきます。それを補い、若々しく健康でいるためには正しい食生活を送ることが必要です。

善玉菌と悪玉菌

善玉菌と悪玉菌

「体を健康に保つためには腸内環境を整えることが大切だ」と言うことはみなさんご存知ですよね。

それは腸が私たちの健康を左右する場所でもあるからです。

そしてその腸内環境の良し悪しを決めるのが、善玉菌と悪玉菌です。

腸内細菌ってなに?

腸内細菌には3つの種類があります。

腸の運動を整えたり、悪玉菌の増殖を抑制したり、ビタミンを作るなど私たちの体に有益な働きをする善玉菌、発ガン物質やアンモニアなどの有害物質を作る悪玉菌、そして善玉菌が優勢で働いている時は善玉菌と共に働き、私たちが健康を損なった時には悪玉菌と共に働く日和見菌です。 

善玉菌と悪玉菌

一人ひとり食べるものも生活環境も違うため、腸内の善玉菌と悪玉菌の状態も人それぞれ違います。善玉菌と悪玉菌が仲良く暮らしていければいいのですが、この2つは常にお互いの陣地を奪い取ろうと日々戦っています。

私たちの食生活が乱れたり、ストレスや疲れが溜まり悪玉菌の方が有利になれば、即座に私たちの体にも影響が出るでしょう。健康でいるためには、この2種類の菌のバランスが保たれていることが大切です。

あなたの腸内細菌はどちらが優勢?

大腸は長さ約1.5m、面積はテニスコートの1/2、そして小腸は長さ6~7m、面積はテニスコート1面分です。

小腸の方が長さも広さもあるのに私たちが病気になる確率は大腸の方が高い、それはどうしてでしょうか。

小腸には病気に対する免疫を活性化させる働きがあるということもありますが、大腸が腸内細菌と便の居座るところとなっていることも大きく関わってきます。 

腸内細菌の健康状態を知るための一番簡単な方法は、便の状態を観察することです。

理想的な便は柔らかいバナナ状の便で、黄色から黄色がかった褐色で臭くありません。

ちょうど赤ちゃんの便がそんな色をしています。一方固くてコロコロしている黒っぽい便だと、腸内では悪玉菌が優勢です。

毎日の便を観察しながら、自分の健康状態を知りましょう。

食物繊維と乳酸菌をしっかりと取り、動物性タンパク質・脂肪や合成保存料などの人工的な化学物質を控える食生活を送ることで善玉菌を味方にすることができます。

悪玉菌の種類

菌の種類

腸内細菌の内、私たちの体に悪い影響を及ぼすのが悪玉菌です。悪玉菌といっても数多くの種類があります。

善玉菌を味方につけるためには、まず敵を知ることも大切です。

代表的な悪玉菌

ウエルシュ菌

・・・動物性タンパク質を多く摂取すると増える菌で、腸内の腐敗の原因となり細菌毒素や発ガン性物質を作ります。

高齢になると増加する傾向にあり、強い匂いのする便の原因となります。

大腸菌

・・・本来は無害な菌ですが、腸以外の臓器に入ると下痢や腹痛を引き起こすことになります。

成人の腸内では食生活のバランスが崩れたり、ストレスの多い生活を送ることで増加します。

ただし大腸菌の中には体に良い影響を及ぼすものもあり、増えすぎなければ腸内にいても問題はありません。

ブドウ球菌

・・・約35種類あるブドウ球菌のうち15種類ほどが私たちの体で繁殖します。

大腸菌と同じく全てのブドウ球菌が悪玉菌ではありません。外部からの病原体の侵入を防ぐ役割もあります。

しかし増殖すると化膿性の病気などの原因となります。

悪玉菌より強力な超悪玉菌

近年の研究では悪玉菌よりも更に大腸がんのリスクを高める超悪玉菌の存在が明らかになっています。

この超悪玉菌はETBF菌と呼ばれ、もともとはフラジリス菌という悪玉菌でした。

それが勢力を強めたものです。

大腸のピロリ菌という別名を持ったこのETBF菌は、腸内に炎症を起こしそれが大腸がんの原因となります。

日本でのETBF菌感染者は10人に1人と言われ、国内に1000万人以上が保有していることになります。

悪玉菌を増やす生活習慣

悪玉菌はたんぱく質や脂質がエネルギー源です。

そのため動物性タンパク質が多い欧米型の食事、レトルト食品や外食が多いと悪玉菌が増えやすい環境を作ってしまいます。

次に運動不足も筋力の低下につながり、充分な腹筋がないと自然排便がうまくいかなくなります。そうなると腸の消化物を移動させる蠕動運動にも悪影響が出てしまいます。

便がきちんと排出されない、いわゆる便秘は、悪玉菌が出す有害物質をずっと吸収することになり様々な病気のきっかけを作ってしまいかねません。

またストレスの多い生活も消化液の分泌がうまくいかず、悪玉菌にとって好条件となってしまいます。

腸内環境を良くするためには、悪玉菌の繁殖を抑える必要があります。

悪玉菌を増殖させる生活習慣に心当たりのある方も多いでしょう。腸内環境を整えるためには、まず正しい生活習慣を身に付けることから始めましょう。

悪玉菌が引き起こす弊害

腸内の中に悪玉菌が増えてくると、私たちの体に様々な弊害が出てきます。

どういった弊害が出てくるのか具体的に見ていってみましょう。

大腸の病気

腸内の悪玉菌が与える悪影響として、大腸がんを筆頭として大腸ポリープ・潰瘍性大腸炎などの大腸の病気の原因となることは広く知られています。

悪玉菌が増えると有害物質も増えるため、免疫力が低下します。そのため発ガン物質への抵抗力も弱くなり、ガンやポリープができやすくなってしまうのです。

また消化に必要な胆汁さえも悪玉菌の作用で変化してしまいます。

胆汁は悪玉菌の働きかけで、発がん性のあるデオキシコール酸などの二次胆汁酸へと変わりガンへのリスクを高めます。

悪玉菌の大腸以外へも影響

腸内に悪玉菌が増えると意外なところに悪影響が出ます。

①肌の変化

毒素は大腸から血液をめぐって皮膚から排出されます。

そのため毒素や老廃物が腸内に滞ると、便として排出されなかった毒素や老廃物が吹き出物となってしまうのです。

他にも肌がくすむ、小じわが増える、などがあり全体的に老けた印象になります。

②体重の変化

悪玉菌が増えると新陳代謝が悪くなるため、不要な老廃物や脂肪を体に溜め込み太りやすい体質になってしまいます。

また症状が悪化すると生活習慣病にもつながります。

③体調の変化

腸内細菌は私たちの免疫力の70%をカバーしているとされています。

そのため悪玉菌が腸内を支配するようになると免疫力が低下し、風邪を引きやすくなったりアレルギー疾患などが出るようになります。

④脳の変化

悪玉菌の中でもウエルシュ菌は神経伝達物質をブロックする働きがあり、認知症を患っている人の便から多く発見されます。

そのため悪玉菌が増えてくると、考えがなかなかまとめられなくなったり、長い間集中していられなくなるといった症状が出てきます。

またポジティブな感情をコントロールするセロトニンやドーパミン合成にも、腸内細菌が深く関係しています。

腸内で悪玉菌が優勢になるとこれらの物質が不足するため、うつ状態になったり感情をうまくコントロールできなくなり、脳内がネガティブ思考に侵されてしまいます。

⑤体臭・口臭の変化

臭くなるのは便だけではありません。悪玉菌が増え排便がスムーズに行かなくなると、体臭や口臭もきつくなります。

現代人の腸は悪玉菌だらけ

日本人はもともと農耕民族で穀物を中心とした食事をとり、食物繊維を豊富に摂取していました。

そのため腸の長さが欧米人よりも長いということはよく知られていることです。ですが現代の日本人は食生活も変化し、運動能力の低下、幼少の頃からストレスにさらされているなど悪玉菌にとっての高条件がそろっています。

そのため年齢が若くても腸内年齢が高いという人の割合がとても高くなっています。

悪玉菌は腸だけでなく色々な臓器に弊害をもたらします。

現代の日本人は悪玉菌を増殖させる環境の中で生活しているといっても過言ではありません。

もしかしたらあなたの体の不調も、悪玉菌が原因となっているのかもしれません。

乳酸菌サプリ