赤ちゃんと腸内細菌

動物の赤ちゃんは何故母親の便をなめるのか?

動物の腸管内には、動物と共存し無害である細菌が住んでおり、中には動物の消化や吸収を助けるものがあります。

しかし、生まれたばかりの動物の赤ちゃんは無菌状態で生まれてきますが、腸内細菌はどこからやってくるのでしょうか?

それでは、いくつかの動物の例を挙げ解説したいと思います。

コアラは草食動物ですが、特徴的なのはユーカリの葉しか食べないことです。

ユーカリの葉には毒が含まれており、人間を含め他の動物はこれを食べることができません。

コアラが何故?ユーカリを食べることができるかと言うとこのユーカリの毒を無毒化する酵素を出す腸内細菌が腸内に定着しているからなのです。

しかし、コアラが生まれた時は腸内には細菌がいないのでどこから、この解毒酵素を持っている細菌を腸内に入れるかと言うとお母さんこあらの便からなのです。

そのような訳で、コアラの赤ちゃんは土をなめたり、お母さんコアラの便を舐めたりしますがこれは必要な腸内細菌を母コアラから受け継ぐためにしている行動なのです。

これと同じような事をする動物がパンダです。

パンダは笹をエサにしていますが、この笹は硬いので他の草食動物はこれをエサにすることができません。

なぜパンダはこれをエサにすることができるかというと、笹を消化する事ができる消化酵素を持っている腸内細菌が腸管内に住んでいるからなのです。

パンダの赤ちゃんもコアラ同様に土をなめたり、お母さんパンダの便をなめたりしますが、これは母親から生存に必要な腸内細菌を受け継ぐためなのです。

このように動物によっては、その種が持つ特有の腸内細菌は生存にとって必要不可欠なのです。

人間の赤ちゃんは母乳により腸内細菌を育てる

これまで動物の赤ちゃんについて語ってきましたが、人間の赤ちゃんと腸内細菌はどうなのでしょうか?

動物と同じように人間の赤ちゃんも生まれてきた時は、無菌状態です。

お腹の中では胎盤を通して血液によって母親から赤ちゃんへ栄養が補給されていますが、生まれた時から様々な細菌が口を通して体内に入ってきます。

生まれてくる時に産道を通り母親の膣から生まれてくることから、最初の細菌は母親から受け継がれることになります。

これら腸内細菌は赤ちゃんの口を通して入ってくる食べ物の消化分解を助ける働きをします。

生まれてから暫くの間、赤ちゃんの栄養源は母乳だけとなりますが、母乳には赤ちゃんの成長を助け身体を守る様々な成分が含まれています。

生まれたばかりの赤ちゃんは免疫力が低いので様々な病気に感染する危険が高いのですが、母乳に含まれる成分が赤ちゃんの免疫力を高める働きがあることがわかってきました。

母乳に含まれる赤ちゃんを守る成分

オリゴ糖は、体内のビフィズス菌の栄養源になり、ビフィズス菌が増えることにより雑菌が増殖し難い腸内環境を作ります。

リゾチームとラクトぺルオキシターゼは、腸内で病原菌に対する抗菌作用をします。

ラクトフェリンは、鉄と結合することで腸内の病原菌を抑制する成分となります。

その他の成分も含め、母乳には赤ちゃんを守る働きがあり、特に生後3週間までの初乳には腸管の免疫システムを活性化する働きがあるとされます。

また、母乳の働きにはアレルギー発症を抑制させる働きがあるとされ、日本の子供にアレルギーが増えている原因の一つに母乳が十分に与えられていないことが原因ではないかと考える学者もいます。